焼きいもがおいしいです

やきいも

毎年、秋は焼きいもにはまります。

土を良く洗って、ホイルで包んで、150度のガスオーブンで1時間半。塩水にくぐらせなくても、新聞紙で包まなくても、味は変わらない気がしたので手抜きをしますが、時間だけは掛けます。失敗はまずありません。

品種はいろいろと試しました。印象的だったのはシルクスイートです。

サツマイモ(唐いも)の品種、シルクスイートの特徴や焼き芋にした時の焼き上がり、味などの他、収穫時期や食べ頃の旬などを沢山の写真と共に紹介します。
にじんだ糖分がはちみつのようで、切り分けると崩れるくらいに柔らかく、手を掛けたスイーツのようでした。ねっとり甘い焼き芋がお好きな方にはお薦めです。

そんな紆余曲折を経て、今は紅はるかに落ち着きました。

サツマイモの紅はるか(ベニハルカ)が美味しい旬の時期と特徴や主な産地、そして食べ方を写真と共に紹介します。紅はるか(ベニハルカ)は大分県産紅はるかのブランド「甘太くん」茨城県産紅はるかのブランド「紅天使」宮崎県産紅はるかのブランド「葵はるか」など各地でブランド商標が付けられ販売されています。
栗のようなほくほく感と程よい甘さで、ぱくぱくと食べれてしまいます。普段のおやつにちょうど良いのです。塩を少しだけ振っていただきます。

ホイルを開けたときのふんわりと甘い香りが楽しみです。